RPAとは

ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation)
認知技術(ルールエンジン・機械学習・人工知能等)を活用した、ホワイトカラー業務の効率化自動化の取組みであり、
人間の補完として業務を遂行できることから、仮想知的労働者(Digital Labor)とも言われています。
要は、パソコンのデスクトップ上で人が作業するルーチンワークや定型作業をロボットが記憶し、高速で自動化する仕組みであり、データ加工・集計・保存など、同じことを繰り返す面倒な作業や、人が判断しながら進めていく必要がない作業を得意としており、ホワイトカラー(間接部門)の破壊的な業務改革です。

要素1

RPAに向いている仕事を
しっかり把握することが必要

RPAのようなロボット化に向く仕事というのは、処理件数やデータ量の多い仕事となります。
でも実際に、この業務ってRPAで処理できるの!?とお悩みの企業様も多いと思います。
弊社では、RooPAで何が出来るか、どこの部署が適任か、担当者が一緒に考え業務選定いたします!
困っていること、不安に思っていること、何でもご相談下さい!

要素2

主体部門・対応者を
明確にすることが必要

正直、RPAの操作・設定は簡単なものではありません。
また、一度設定してしまえば未来永劫に使えるというわけではありませんので、メンテナンスも必要となります。
その為、主体部門をどこに置き、誰が対応するのかを明確にする必要があります。
設定が難しくて出来ない・・・英語表記で何が書いてあるか分からない・・・等困ってしまいますよね!?
弊社では、開発、構築、検証は開発エンジニアが担当させて頂くので、スムーズに業務対応させて頂きます!
ご担当者様に研修もさせて頂きます。
オンサイト支援もさせて頂くので、分からないことは何でもお尋ね下さい!

Human × Technology
= INNOVATION NEXT

イノベーションネクストは、人材サービスを総合的に提供するCRGホールディングスの事業会社で、
システムインテグレーションサービスを展開しております。
弊社グループで既に導入実績もあり、自信をもってRooPAをご提案させて頂きます。
お客様に合わせたサポート体制を設けておりますので、お悩みのことがあれば何でもご相談下さい!