1. RPAがアウトソーシングと競合する可能性がある背景

  2. AIによる処理のRPAの動きとは

  3. 今後求められる「RPA」の活用を推進する役割

  4. RPA時代に必要になる人材は「顧客へ新しい価値を生み出せる人物」

  5. RPAは海外との時差の問題をクリアしやすい

  6. 想定しておくべきRPA導入の注意点

  7. RPAの「ノンプログラミング」の強み

  8. 労働力人口の減少の社会問題とRPAの登場

  9. RPAの評判ポイントである「導入の手軽さ」

  10. RPAとITシステムの大きな違いは「プログラミング」にある

  11. RPAなら企業の人手不足を解決できる理由

  12. 残業規制で注目度が高まっているRPA