総務、人事、経理などの間接部門の生産性を向上させるRPAの活用方法

RPAはバックオフィスと呼ばれる間接部門の生産性を大きく向上させることのできる画期的な手法として注目されています。

それでは、実際に間接部門ではどのようにRPAを活用していったらいいのでしょうか。

今回はそんなRPA活用方法のポイントについてまとめてみました。

■各部門でRPAに置き換えられる業務を精査する

まず、間接部門の主要部門となる総務、人事、経理などの各所の現状で、定型的な作業で人の判断を伴わない業務をすべてピックアップしてみます。

投資的側面から考えるとRPAは個別の現場における小さな業務改善から実行できるのがメリットとなりますので、部署単位や業務単位ごとに、どの部分がRPAに置き換えるのに最適なのかを精査することが重要になります。

RPAは人が行ってきた業務プロセスを変更することなくそのまま置き換えることができるので、1つ1つの業務の構造をしっかり理解していくことで、実際に置き換えられる業務が明確になってくるのです。

また、ロボットで補えない業務プロセスがどこなのかがはっきりしてくると、その部分に人材やリソースを投入するなどの判断ができるようになってきます。

■定型業務は徐々にRPAへと置き換える

各部門、部署の定型業務でRPAに置き換えられそうなものをピックアップしたら、次に、プライオリティをつけて徐々に置き換えの作業を行うことになります。

まず、パイロットとして一部の特定業務だけに導入してみることで効率化を実現できれば、ほかの部門への導入にも弾みがつくこととなります。

なにより所属従業員の残業が激減したり、部門部署内での仕事の仕方が大きく変わったりすれば、それ自体が働き方改革のきっかけになってくるのです。

一度RPAを導入すれば、その導入方法の知見を社内で広げることにより、後続の導入部署はさらに容易に導入を行うことができるようになります。

■各部門のコア業務に必要な人材を選択する

実際に、間接部門から定型化された単純業務だけをピックアップしてRPAによる業務代行を進めていくことになると、各部門でこれまで定型業務を行うことで優秀とされてきた人材と、本来の部門ごとのコアな業務に必要な人材のスキルセットとの間に食い違いが発生することになります。

すでに定型化業務に精通している人間が必要なくなると、もっと本質的な業務に時間を割くことができるようになりますので、分析能力や企画能力、クリエイティビティといった新たな能力が必要とされることが明確になってくるのです。

この場合、企業単位で人の移動を考えたり、必要な能力をもった人材に配置換えをしたりといったダイナミックな組織改革も時として必要になります。

定型業務が減少するということは、組織に与えるインパクトが大きなものになることをあらかじめ認識しておくことが重要です。

■間接部門が本来行うべきコアな業務に集中する

ここまでRPAの導入が進めば、今度は各間接部門が本来行うべき業務のプライオリティづけと専権事項を明確にする必要がでてきます。

業務に余裕ができた分、本質的に考えなければならない付加価値業務にたっぷりと時間をかけることができるようになり、あらたなサービスや分析事項などを明確にすることができます。

これは、企業としても戦略的経営を実現する上で非常に重要なものとなることは言うまでもありません。

単純にオペレーションに忙殺されていたのから、よりコアな業務に時間と人を集中できるようになれば、そもそもの領域で大きな結果と改善を実現することができるようになるのです。

先行してRPAを導入した企業は、こうしたベネフィットがRPAの導入に隠されていることに早期に気がつくことができ、全社の働き方改革につなげていくことができるようになっているところも出始めているのです。

■RPAの導入は早いに越したことはない

投資的な意味からいえば、段階的に効果を確認しながら導入ができるのがRPAの大きなメリットといえます。

こうしたソリューションは早期導入すればするほど、人や組織に対するインパクトを早い段階で見極めることができます。

そして全社としての人材のスキル育成や再配置など、効果的な手段を講じる期間に余裕がでることになります。

つまり、早期導入は競合環境の中でもかなりアドバンテージのある投資となることは間違いありません。

■多くの従業員が働き方に満足を得られる時代に

RPAによる定型化作業の代行は、人から仕事を奪うといったネガティブな見方をする方もいるかもしれません。

実際には、手間がかかり時間に負われて余分なプレッシャーのかかる業務から開放されることで、本来やるべき達成感の高い業務にまい進することができるようになることから、個別の従業員にとって非常にプラスとなる働き方改革のチャンスを得ることができます。

さらに、個々の従業員の満足度も非常に高くなることがわかってきています。

RPAはすべての従業員が働き方に満足できる仕組みをもたらしてくれるのです。

▼RPAについて詳しく知りたい方はコチラ▼

関連記事

  1. 人間よりも期待できるRPAの作業の正確性

  2. 業務効率化を進めるならRPAが向いている3つの理由

  3. これまでの業務システムとRPAは基本的なスタンスが大きく異なる

  4. RPAによってホワイトカラーが定型業務から解放される時代に!

  5. RPAでルーチン業務を改善すれば残業を減らすことができる

  6. 導入時に考えること・やるべきことは何?ビッグデータとRPAの企業活用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメの記事