RPAの評判ポイントである「導入の手軽さ」

RPAは、属人的な業務をそのままトレースして自動化してくれるソリューションとして市場の関心を集めています。

その中でも、最も評判になっているのは“導入の手軽さ”です。

以前の「ITによる自動化」導入では、専用プログラムを開発することが求められていました。

それまでであれば、厳密な要件定義のもとで専用のプログラミングを実施することから、期間的にもコスト的にも大きな負担を企業に強いてしまっていたということです。

しかしRPAは、そういったものとは全く異なるソリューションなのです。

今回は、“RPAの導入”というポイントについて詳しく解説いたします。

■RPAは人と同じようにシステムを操作できるのが大きなポイント

RPAの導入の準備は極めてシンプルです。

まず人がIT機器を使って行ってきた操作の記録を克明にとることから始まります。

どのように機器から情報を取得し、別の機器に入力したかなどのプロセスを正確に記録し、それをRPAのソフト上にトレースすることができれば、すぐに利用を開始することが可能になるのです。

こういったプロセスのトレースは、特別なプログラムを必要としないため、だれでも設定が可能です。

また、通常のITの専用プログラムでは一旦出来上がると、修正をかけること自体にプログラミングスキルが必要となり、簡単にはプロセスを変更したりすることが出来ません。

しかし、RPAの場合は臨機応変にプロセスの変更を修正することができます。こういった面からも、RPAが非常に使い勝手のいいソリューションといえるのです。

■利用までの期間は短期で低コスト

このようにRPAは、利用までの期間が短期で低コストなのが多くの企業の関心の的となっています。

開発といってもワークフローに登録するだけで、人がシステムに向き合って行っていた操作を代行するようになるため、特別な開発が必要となる部分はまったくありません。

また、部署単位でごく少ない工程から徐々に導入して、その成果を確かめながら利用領域を拡大していくことができることから、非常に導入しやすいというメリットもあります。

なにより既存のIT開発に比べて、トータルの初期コストが極めて低価格であるのが特徴です。

これは導入の障壁を低くすることになるため、多くの企業で現実的に導入を描くことができるようになるのです。

■プログラミングスキルは不要

なお、特に大きなポイントとなるのは、プログラミングスキルをまったく必要としないことです。

IT部門を絡めずにシンプルに導入が検討できる点は、これまでの業務ソフトウエアの領域とはまったく異なるものといえます。

これは社内の広範な部門、部署に導入する場合には非常に大きな利点となるもので、利用者視点で導入エリアを拡大していくことができるのも魅力といえます。

利用者ベースで管理運営ができ、プロセス修正も容易に実現できるという特徴は導入のハードルを非常に下げるメリットを持っているといえます。

■導入後すぐに生産性や効率に関する効果が示現する

RPAの場合、導入直後から生産性に対する効果がすぐに現れる点も大きな特徴といえます。

一般的な業務でも、RPAのスピードは最低でも人の100倍から条件がよければ200倍にまで達することになります。

そのため、短期的にもすぐにその導入効果が現れることになります。

また既存の人件費を配置換えなどにより大幅に削減することができることから、コスト効率も45%から75%といった高い確率で実現する可能性があります。

■残業問題も一気に解決

バックオフィスのホワイトカラーの場合、残業を減らすといっても根本的な解決策を見つけることができませんでした。

しかし、ロボティックソフトウエアが24時間365日働いてくれれば、確実に人が働く時間を制御することができるようになります。

そのため、確実に残業問題を解消することができる点も注目されているのです。

RPAを導入すればバックオフィスの業務は格段にスムースかつ自動化が進むことになりますので、全社的な労働力の再配分や最適化に着手することができるようになり、具体的な働き方改革を実現するということです。

■RPAはまだ初期段階だがこの先導入の高度化でさらに効率を発揮に期待

現状におけるRPAは「Class1」と呼ばれる初期段階の自動化だけが実現している状況です。

ただ、それでも「情報取得」「情報読み取り」「入力」「検証」「複数システムへのログイン」「中継」「転記」といった業務をこなすことができます。

この先、AIを実装してディープラーニングが実現し、自然言語処理も可能になれば、RPAが例外対応をしたり非定型業務の自動化に対応したりすることができようになるため、より人間に近い業務をカバーすることも可能になりそうです。

したがってこうした拡張性を存分に利用するためにも早い段階からRPAを企業内で導入することが先行者利益を享受できる大きなポイントになります。

▼RPAについて更に詳しく▼

関連記事

  1. 今後求められる「RPA」の活用を推進する役割

  2. 残業規制で注目度が高まっているRPA

  3. RPA導入で働き方改革を加速!導入メリット・デメリットをおさらい

  4. RPAの「ノンプログラミング」の強み

  5. RPAなら企業の人手不足を解決できる理由

  6. RPAは海外との時差の問題をクリアしやすい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメの記事