人間よりも期待できるRPAの作業の正確性

RPAによる自動化作業は、これまでのITシステム化によるそれとは大きく異なる部分があります。

それは、“RPAが人間と同じようにシステムを操作することができる”という点です。

これにより通常必要となるプログラムの開発を全く介さずに、人間が行う作業を即時補完する形で既存の業務を遂行することができるのです。

これは今までのプログラム開発によるシステム構築とは格段に異なるものであり、開発期間も莫大な開発費用も一切不要である点が期待できる点といえます。

■RPAが行う作業の仕組みとは

RPAが実際に人の代わりに作業を行うためには人が行う操作の記録をすべて集めることが必要になります。

その操作手順を正確にトレースすることでRPAは人の代わりに作業を行うようになるのです。

実際に、人の代わりに行える業務としては「クローリング」と呼ばれる情報の取得作業、情報の読み取り作業、入力作業、検証作業などが挙げられます。

具体的に言えば、「既存の複数システムへログインしながら、平行して入力を行う」といった、それまでは人以外では考えられなかった類の業務も、正確性を担保しながら行うことができます。

こうした業務というのは、ひとつひとつは難しくなくても経験値で人が行ってきたものが多いわけです。

しかし、RPAならば一度プロセスを覚えこんでしまえばその流れに例外や変化が起こらないかぎり、間違いというものは発生しないことになります。

RPAを導入すれば縦横無尽にシステム間の処理をこなすことができるようになりますから、人の代わりに休みなく仕事をすることが現実のものになるのです。

■あらかじめ設定されたことは間違いなくこなす

人の知見に基づく作業の場合、それぞれの労働時間や体調、精神状態の変化によって思わぬ人為的なミスが生じてしまいますよね。

しかし、RPAならば人に発生するこうしたミスというものはまったく生じません。

そういう意味では、クオリティを常に一定の高いレベルに保つことができるのはこれまでにない大きなメリットといえます。

ひとくちに「間違いのないレベルを維持し続ける」といっても、属人的な業務では、どんなに経験豊富な人材が行っていても、必ず間違いが起きるものです。

そういった意味で、均一品質というのは画期的な作業ということができます。

■労働時間と関係なく一定のクオリティとスピードを維持

なお、機械の場合は連続利用によって「調子が悪くなる」、「クオリティが一時的に下がる」といった特有の問題が起きることがあります。

しかし、RPAはロボットという名がついていても、中身はプログラムソフトウエアであり、しかも実際のRPAの業務内容のトレースには特定の追加プログラミングは一切必要とせずにその業務設定を行うことができます。

そのため、プログラム自体のバグがでるといってリスクもまったく存在せず長時間使用による経年変化も起こりえない仕組みになっています。

一度覚えたプロセスは、その後に簡単に修正することも可能です。

つまり、「やり方が変わる」といった事態が起きても、変化に即時対応できるというわけです。

通常RPAを導入した場合、業務の煩雑度にもよりますが、少なくとも人がやるスピードの100倍、ものによっては150倍から200倍のスピードを実現することができるようになりますので、これまでの人力にはなかった飛躍的な生産性と労働効率をいきなり実現することができるようになるのです。

実際に導入されて企業はまずこの点に一様に驚かれることになるのです。

■人ならではの問題が一切起こらないのも秀逸

人と機械が共存して働くという場合、さまざまな要因が絡み合うことになります。

組織の人間関係の問題もありますし、一定以上のモチベーションを維持するためには、新たな目標や達成度など人それぞれやる気に関係するものは異なります。

また、一定期間に業務を終わらせるために、残業をお願いしなくてはならないといった特殊な事情も絡み合うことになります。

そうした、さまざまな事情を抱えながら業務が進行していきます。

業務を円滑に進めるためには、部門や部署の責任者がさまざまな部分に気を使うことで、なんとか期間内に業務を終了させるといった事も行われているケースが多いのではないでしょうか。

しかしRPAは、こうした人ならではの業務にともなう諸問題というものが一切発生しないのです。

これがきわめて秀逸な特徴といえます。

長時間労働で業務のクオリティやスピードが衰えることもありませんし、いま社会的にも大きく注目されつつある残業問題も発生しません。

むしろRPAに仕事を任せることによって、手が空いた人材が新たな業務にまい進することで、会社全体として働き方改革実現するきっかけにもなるのです。

もともとは、一部の業務を人にとってかわるというきわめて単純でわかりやすい自動化の業務サポートシステムであるRPAですが、これを本格導入することによって企業内の状況は大きく変化することになります。

また、多くの従業員の働き方というもの一変することに想像以上に寄与することになるのです。

関連記事

  1. 各業界で注目される一番のRPA活用は「膨大な事務手続き」

  2. RPAでルーチン業務を改善すれば残業を減らすことができる

  3. RPAの得意分野「定型作業の処理」の自動化で改善できること

  4. 失敗したくない人のためのOCRソフト比較ポイント

  5. 政府主導の働き方改革のカギはRPAにある

  6. RPA導入により事業拡大に直結する業務にコストをかけることが可能

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメの記事