RPAが仕事を代替しても人間の仕事はなくならない

人の代わりに働いてくれる代替労働力であるRPAの存在が、人間の仕事を奪う事になるのではないかと危惧する人が増えています。

しかし現実には、RPAはそういった存在にはならない可能性の方が高いでしょう。

あくまでもRPAは、ツールに過ぎないのです。

今回は、RPAが導入されても人間の仕事はなくならないということについて詳しく見ていきましょう。

■ロボットは、人の仕事を追い越すのではなく助けてくれる存在

RPAをはじめとするロボットやAIの導入では、私たちの仕事が全くなくなる可能性は低いでしょう。

ただし、これまで人によって行われてきた仕事の内容や種類というものは、大きく変わる可能性が出てきます。

それは、これまでのホワイトカラーのデスクにおける単純作業というものを、RPAが肩代わりしてくれるからです。

いくらやっても終わらず、時間との戦いを強いられてきたような、判断力はさほど必要としないような単純作業から人は解放されることになります。

これは残業の問題を解決してくれて、大きな働き方改革のきっかけを作ってくれる重要なものとなるでしょう。

■「RPAは道具」人が使いこなすことが大切

RPAは道具ですから、あくまで人が使いこなすことが前提となります。

道具としての生産性は、すでに人を上回ることが明確になってきています。

従って、人とRPAが競争することはナンセンスで、いかにうまくRPAを利用することが出来るかが、これからの人々には求められる能力になるのです。

もしも人がRPAを自在に使いこなすことができれば、オフィスワーカーとしては付加価値の高い仕事にまい進することができます。

これは、多くの人にとって大きなチャンスになることが考えられます。

こうした道具によって武装することができれば、これまでの生産性をはるかに超えるレベルを達成することも可能になるでしょう。

RPAはあくまでも道具で、人間の使い方次第であることを忘れてはなりません。

■RPA導入で人材に求められるスキルセットは、大きく変化する

RPAの導入で業務の自動化や高度化が実現することになれば、人がやらなければならない業務というものには大きな変化がでてくることが予想されます。

RPA導入時代における人材のスキルセットは、これまでのように業務を実行するという能力から、むしろ業務を理解し分析してあらたな効率に向けてプロセスを設計するといった能力が重要です。

たとえば、業務分析や設計の領域では、現状の業務の効率化がいかに実行されるかを分析しそれを設計することで、実行はRPAが担当するといったような分担になってきます。

また、RPAをはじめとするテクノロジーを十分に理解するという能力も求められることになります。

RPAにただ単にお任せしてしまうのではなく、新たに導入されるテクノロジーを理解し、適切に利用していく設計能力というものが問われることになります。

ユーザーニーズというものをより具体的に分析・把握する能力を高めることも重要です。

こうした能力を培うことができるようになれば、RPAの導入全盛時代でもRPAの存在と抵触することなくスムーズに業務を続けていくことができます。

■RPAと棲み分けできる業務スペシャリストが必要に

RPA導入時代では、明らかに仕事の種類がこれまでとは変化していくことが予想されます。

これは、特定業界の問題ではなく、あらゆる業界・企業において同様のことが起きることを示唆しています。

RPAの全盛時代に業務で生き抜いていくためには、RPAの業務と棲み分けできるようなスペシャリストにいち早くなっていくことが重要です。

たとえば、業務全体をデザインしていくような人材になれば、RPAをはじめとして今後導入が予想されるロボットやAIの領域を業務に活用することが構築できます。

これは、RPAには決して真似ができない仕事と言えるでしょう。

またロボットやAIを利用することで、新たなソフトウエアを開発する技術者となることも大きな可能性を秘めていることになります。

実際の開発は、ロボットに任せるにしてもどのような領域を開発することが企業や人のために役立つのかという視点は、人間にしかできないものです。

RPAの導入で得られる飛躍的な生産性を、企業全体にどのように活かしていくのかを考えることも重要です。

本来、人がやらなくてもいい仕事からは開放されるため、これからは人がやるべき仕事のほうに大きくウエイトをおくことが必要ですし、企業で働くオフィスワーカーの多くの人たちがこのことにいち早く気付くことがとても重要です。

RPAやロボット、AIに対応し使いこなすことのできる人材を育成し、既存労働力をその領域にうまくシフトできるかどうかが日本の成長の大きな鍵になってきています。

これを理解していれば、RPAの導入は何も不安になるようなことではありません。

むしろ、自らの飛躍的な成長をサポートしてくれる、適切で重要なツールになることを認識しておきたいところです。

関連記事

  1. RPAはセキュリティやガバナンスの向上も期待

  2. RPAは多くの日本企業に導入される可能性を秘めている

  3. RPAが魅力的な働き手である要素とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。