• AI

RPAが活きるAIの働きは「意思決定」の業務

RPAによる労働環境の改善は、日本が早急に解決すべき課題として挙げられている「働き方改革」に多大なる影響をもたらします。

ロボットに自動化できる業務を預けることで、人間の労働時間は減少し、ミスやトラブルも回避することができるでしょう。

そういった、RPAに預けられる業務の幅を広げるのが「AI」なのです。

AIが意思決定の業務を遂行できるかで、我々の働き方も大きく変わるでしょう。

RPAの目標の変化

RPAとは、ロボットによる業務自動化の概念を表した名称です。

デジタルレイバー(仮想知的労働者)が、マニュアルに沿った仕事を自動化し、労働時間に縛られることなく完璧な業務を遂行する

こういった労働環境が、RPAが当初目標としていたヴィジョンでした。

しかし、それだけでは実際の職場での応用性が低いことが課題となりました。

初期のRPAで対応可能な業務は、比較的責任の負荷が少ない業務ばかりです。

組織体系で考えれば、「上司が必要な立場の業務」と言えるでしょう。

そのため、これらを率いる上司の労働環境は、RPAによって変えられないということになります。

本来、責任の負荷が少ない業務から徐々に多い業務へと昇進していくのが組織の一般的な構造でしたが、RPAが末端の業務を負担することにより、後継者も存在し得なくなります。

これは、組織の上層部に属する人間の業務過多を示唆するわけです。

RPAは、この働き方の歪みを解消するために、次の目標に進み始めました。

RPAとAIの融合

RPAは、「簡易なマニュアル業務よりも高次元な業務をも遂行する」という新たなフェーズに入りつつあります。

キーワードは「意思決定」です。

RPAの意思決定と行動の判断基準になるのは、通常であればマニュアルです。

もともと与えられたオーダーに応えることがRPAの特徴です。

ここにAIを搭載することで、RPAのシステムは、データの学習と推論を立てることが可能になります。

またAIが加わることで、RPAは与えられていたマニュアル通りに業務を遂行するよりも効率的な方法や、改善案を導き出すことができます。

これは極めて人間の成長に近い、もしくはそれ以上の効果をもたらす変化です。

こういった新たな目標に対して、柔軟に対応できるRPAの開発が進めば、部署に関わらず、すべての労働者がRPAの恩恵を受けることができるのです。

ここで初めて、働き方改革は全体への浸透を見せるでしょう。

AIを搭載したRPAの現状

現状、AIを搭載し、理想的な自己学習を含めて機能しているRPAは、数えるほどしかありません。

RPAとAIをどのようにマッチングし、自社の働き方改革や労働環境の改善に応用していくかを模索・研究している組織がほとんどです。

しかし、先に述べたAIの有無を問わないRPA(ロボットによる自動業務)を取り入れている会社は急増しています。

RPAの面白い点は、外側から見るとRPAを導入していることが分かりにくいところです。

仕事の精度が上がるとは言え、マニュアルを基盤とした業務であれば、人間が遂行しているかRPAが遂行しているかは、もはや区別がつきません。

「業務を自動化する」という組織の方針がなければ、AI搭載の次世代RPAへの対応は遅れます。

まずは、AI非搭載でもRPAによって少しずつ業務を自動化していくことが、将来的な働き方改革へ繋がっていくでしょう。

AIの活用普及を促進するRPA

RPAは、AIの活用普及を促進するとも考えられます。

AIは、RPAよりやや早く一般的になった概念だからです。

一方、AIに関わる話題は「囲碁や将棋などのゲームでの勝利」などが多く、実例は具体的に想像できない人も少なくありません。

もちろん、「人よりも優れている」というアピールも無駄ではありませんが、「人間の生活を向上させるためにどう活用するか」という点が最も重要と言えるでしょう。

AIには「答えに対する業務効率化」という特性がある以上、その答えを出した後に自らが行動できる器がなければ、機能しません。

その器として、RPAは最も我々の労働環境を改善するために適切な器だったと言えるでしょう。

RPAの普及は、AIの普及も促進します。

AIは合理的なミッション(利益の向上、労働時間の削減など)をもとにデータを処理し、それをRPAに行動させることで、新たなデータを収集していくからです。

この好循環は、我々の働き方を劇的に変化させることになるでしょう。

現在は「人間しかできない」と言われている活動の多くが、ロボットや人工知能によって完璧に行われる可能性が高いのです。

働き方とRPAの将来

AIを搭載したRPAによる業務自動化は、瞬く間に世界に広がるでしょう。

研究開発段階では実現不可能に思えることも、一度実用例が示されてしまえば、無数のパターンに応用されます。

AIとRPAは、多くの業務に関わる人間の労働時間を削減し、一部の人間の業務そのものが不必要になるでしょう。

しかし、これは落胆することではありません。

労働の必要性から解放された人間は、まず時間を手に入れます。

時間があれば、次なる時代への準備や、収益に関わらない行為を増やすことができるようになる。

つまり人間は、より文化的かつ高次元な生活への準備を始めることができるのです。

また、労働者は「会社」という1つの拠点に縛られなくなります。

RPAが作業を代行してくれることで、その監視はどこでも行える状態になるからです。

これは、リモートワークやテレワークの実現性を飛躍的に高めます。

AI搭載型のRPAがもたらす働き方改革を前向きに受け止め、自身の役割を的確に認識しておくことが、現在の我々にできる準備と言えるでしょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。