将来はRPAを活用できる人材が「活躍する人材」になる時代がくる

RPAは、ロボティクスプロセスオートメーションと言われるだけのことはあり、基本はプログラムソフトウエアです。

しかし、その働きはホワイトカラー領域のロボットと言えます。

このRPAの出現に、すでに脅威を感じ始めているホワイトカラーが増えています。

特にバックオフィスで働いていて定型作業の最前線で忙しくしてきた人たちは、RPAが出現すると一体自分の仕事はどうなるのか?RPAに取って代わられてしまうのではないか?と心配されるケースがあるようです。

しかし、ここには大きな誤解が隠されています。

今回はPRAが導入されることになれば、ホワイトカラーの仕事はどうなっていくのかについて詳しく見ていきましょう。

■RPAは、人と競合するものではなく使いこなすべきツール


まず、RPAに対する認識をしておく必要があります。

RPAは、あくまで人の業務を助けるツールに過ぎず、人から仕事を奪うものではありません。

まず、この部分を認識することからRPAを理解していくことが重要です。

今後の生産労働人口の減少がいよいよ顕在化してきますと、ホワイトカラーの世界でも人手不足は、深刻なものになるでしょう。

資金に任せて人を雇用すればなんとかなるという時代は、もはややってこないことが予想されます。

つまり、今いる従業員をいかに効率化、かつ活性化して生産性を上げていくかに本当に注力しなくてはならない時代が到来しています。

そういった意味では、RPAの企業への導入はもはや避けられない状況と言えます。

これをいかにうまく使いこなせるかが、企業にとっては、生き残りの大きなチャンスとなります。

人手不足が深刻化する中にあっては、RPAで業務が軽減されても人がいらない時代にはなりません。

■RPAをいかに活用するかが問題


RPAの導入が始まりますと、最初は、一部の部門や部署での利用からになることでしょう。

しかし、そのうちに社内のバックオフィスを中心に広範な利用が開始されることになります。

こうなると会社全体としてRPAをいかに効率的に導入し、その知見を集めて、さらなる拡大をスムーズに行うといったことがテーマになってくることは、間違いありません。

RPAの導入が進めば、全社にそれを広げて安定的に導入を行うRPA化推進の人材が必要になるのです。

RPAに必要な要件の整理や開発、管理、保守管理といった領域に適切な知見をもった人材が必要です。

つまりRPAをうまく使いこなせる人材となることは、大きな枠組みでの必要人材になることができます。

またRPA導入に関連した各種のナレッジを集約化して管理し、社内に共通した標準的なフレームワークを開発できる人材も必要です。

RPAのノウハウが属人化してしまっては、何の意味もありません。

あくまで、多くの人がオープンにアクセスして習得できる体制をとることが必要です。

これが早期に確立できる企業こそが、競合関係を勝ち抜ける存在にあるといえます。

■RPAの機能を十分に熟知してビジネスデザインできる人が活躍できる存在


RPAの初期段階では、社内の各所に幅広く導入し安定的に稼動することが大きなテーマとなります。

しかし、一定の導入が実行されるようになると、今度はRPAありきで社内の新たな業務をデザインしていける人間が必要です。

こうしたRPAを積極的かつ効果的に活用できる人材は、将来的には企業内で活躍する人材となることは間違いありません。

RPAの技術を踏まえたビジネスモデル、ビジネスプロセスを自由に描くことができるようになるのは、大きな付加価値を提供する存在として社内でも高い評価を得ることになることでしょう。

■RPAのテクノロジーに精通する存在も必要


RPAはごく近い将来にAIも実装されて、より高度な仕事ができるツールへと成長が期待されていますし、事実すでにその一部は現実のものになります。

これに対応して、AIやロボット技術を駆使した新たなソフトウエアやツールを生み出す次世代のテクノロジーエキスパートといった存在も企業内では必要です。

一般的にAI関連は、外部から募集をかけようとしても、もともとこの領域に学生時代などから知見をもっている人材は、驚くほど限られております。

多くの企業は、社内でこれに対応できる適格者を育成していくことが求められます。

従って、こうした社内ニーズにこたえられるようなレベルでRPAやAIに対するケイパビリティを持った存在を目指すことも大きな付加価値を会社にもたらすことになります。

RPAの導入は、これまでホワイトカラーに蔓延していた残業の問題を一気に解消するとともに、新たなビジネスポジションを作り出すことで働き方改革のコアなエンジンになることが期待されています。

その全体構造をいち早く理解して、知見を積み上げ会社に貢献できるようになることが、将来社内で活躍する人材となってくることになります。

RPAの導入は、そういう意味では多くのホワイトカラーにとって昇進や昇格を含めた大きなビジネスチャンスでもあります。

関連記事

  1. RPAは多くの日本企業に導入される可能性を秘めている

  2. RPA時代は人間が本来発揮すべき価値を考え直すきっかけとなる

  3. RPAはセキュリティやガバナンスの向上も期待

  4. RPAが仕事を代替しても人間の仕事はなくならない

  5. RPAがITテクノロジーにもたらす効果

  6. 変化する産業構造!AI・IoT・RPAが変える仕事とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメの記事