RPAなら企業の人手不足を解決できる理由

最近の国内の労働市場においては、人手不足が顕在化しつつあり、どの産業領域でも慢性的な雇用不足の状況が続いています。

今後、人口の減少と高齢化の中で生産労働人口がさらに減少すれば、より人手不足は深刻化することが予想されるでしょう。

このような中で、業務の効率化と人手不足を解消する方法として注目を集めているのが、RPAの導入です。

“ロボティック”という名称が入っている事から、まるで職場にロボットが導入されるような感覚になりますが、RPAはソフトウェアなのです。

このソフトウェアが、ロボットが行う様ないわゆる定型作業を人の代わりに行うことにより、
限られた人員でも“生産性を上げることが可能”になるのです。

これからの企業にとって、人手不足解消の切り札となることが期待されています。

ここでは、RPAが人手不足を解決できる理由について、さまざまな側面から詳しく見ていきましょう。

■一般事務をRPAが対応してくれる

RPAでは、業務を自動化するシステムを新たに開発するのとは違い、人がコンピュータに向かって行ってきた作業を、そのままRPAが代替することが可能となります。

つまり、システム用に既存のプロセスを改定したりせずとも、人が行っていたプロセスをそのまま活かして、ソフトウェアが代行してくれるのです。

また、RPAは、その導入までの時間とコストが驚くほど最小限にて実現できることから、従来のシステム開発による実現とは比較にならないほどのスピード感を持って実現することができるのです。

プログラミングによるソフトウェア開発では、膨大な時間と費用がかかるため、業務の自動化を導入できなかった企業でも、RPAならば簡単に導入することができるのです。

■オフィス業務の約8割がRPAにてカバーできる

ある国内のシンクタンクの調査結果では、社内にて行われている業務のなんと、8割近くが、RPAによって自動化することができるとされています。

RPAが特に得意とするのはバックオフィス関連の業務です。経理、人事、総務などの定型化された業務に対応することが可能になりますし、SNSへの投稿やインターネット上のデータ収集、レポート作成といった、これまで人が時間をかけて行ってきた業務も代行していくことが可能になるのです。

BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)によって、人件費の安い海外の地域に定型化された業務を委託するといった方法も導入されましたが、言葉の違いなどによる壁が思いのほか大きく、成功を収めるのは一部の産業に留まっています。

しかし、RPAならば、“組織内での利用が前提“であることに加え“言語の違いによる影響もまったくない”事から需要が今後急激に高まることが予測されています。

■人がやるよりも生産性が向上しコストダウン

RPAを導入すると、これまで人海戦術で対応していた定型業務の効率が飛躍的に向上するようになります。

業務のプロセスが自動化されたことに加え、プロセスに変更点や追加が必要となっても即座に変更、追加が可能である為、効率をアップさせていくことができるからです。

結果として今、クローズアップされるようになっている人手不足や残業問題の大幅な解消にも大きく寄与することになります。

また、業務プロセスの中で、必ずしも人がやらなくても良い部分をRPAが代替する事により、人的資源を大幅に確保する事が出来る為、本来あるべき“人でしか対応できない部分”に人的資源を集中させることが可能になるでしょう。

■人がやる仕事はより高度なものへと発展

よくAI(人口知能)の導入やロボットの導入は、人の仕事を奪いかねないといったことも耳にしますが、慢性的な人手不足の今、RPAがやれば効率の上がるものは完全にRPAに任せてしまうという考え方もあります。

そうすることにより、より付加価値の高い業務に人的資源を投入することが可能になるでしょう。

今後、生産労働人口が少なくなる日本では、人の仕事はRPAでもできるものから、より人間としての判断を伴う、高度な領域へと発展していく必要があるでしょう。

これこそが、“人手不足を解決しつつも生産性の向上に寄与できる新しい働き方の枠組みとなるでしょう。

■AIとの連携によりRPAは非定型の領域にも進出

今のところRPAは、定型業務を自動化するためのソフトウェアという位置づけとなります。しかし、将来的には、AIと連携することにより、機械学習の精度が向上することが想定されており、非定型の業務にも対応できる可能性が高まっています。

こうなると、ますます人はRPAにはできない領域にて活躍することが求められるようになり、人とロボットの共存の方法というものも大きく変化することが予想されます。

既にRPAを導入している企業は多く、いち早く導入した企業では、当初の予測以上に生産性の向上を実現しているケースもあります。

人手不足について、「働き方改革」を目指す企業であればあるほど、RPAの導入によって、もたらされるメリットは大きくなることでしょう。

関連記事

  1. 判断アルゴリズムの組み込みによるRPAの動きとは

  2. “人”だけでできる業務改善の限界…成果が上がるRPA導入の…

  3. RPAの評判ポイントである「導入の手軽さ」

  4. AIによる処理のRPAの動きとは

  5. RPA時代に必要になる人材は「顧客へ新しい価値を生み出せる人物」

  6. 残業規制で注目度が高まっているRPA

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメの記事