RPAの得意分野「定型作業の処理」の自動化で改善できること

RPAの導入が進むことで、大きな業務改善が期待できるようになります。

とくにRPAが得意とする「定型作業の処理の自動化」を進めることで、企業内には短期間でいくつもの改善点が見出せるようになります。

それだけ「RPA導入の効果」は可視化できるものといえるのです。

ここでは具体的に導入と自動化で改善できるポイントについてご紹介したいと思います。

■バックオフィスにおける人員スリム化

どのような業態でも言えますが、バックオフィスの業務は、必ず存在する“コストセンター”です。

その業務効率を向上させるために、各企業とも非常に苦慮しているのです。

膨大なルーティーンワークを解消するためには人員の増強が必要になりますが、そうすると、人件費が膨れ上がることになり、経済的な側面からみても決して効率的な対応とはいえません。

そんな状況の中で、バックオフィスの提携作業の多くの部分をRPAに代替させることで、業務効率はかなり改善することになります。

とりわけRPAには夜中も休日も休みは関係ありませんから、人が受け持っていた定型業務が大幅に改善することにより、人員のスリム化を実現することが可能になるのです。

■従業員の残業問題の解消

残業規制の法制化を前に、各企業は「どのようにして自社の従業員の残業問題を解消するか」という大きなテーマに直面しています。

その問題解消に一役買ってくれることになるのが、RPAの導入なのです。
とくに時間に追われて毎日確実に終了させなければならないような膨大なデータの打ち込み処理などは、RPAがもっとも得意とする分野です。

RPA導入により残業問題の大きな改善に効果をもたらしてくれることになります。

これまで残業の解消という問題に頭を痛めていた部門も、本格的な業務改革を実現することができるようになります。

これまで、ITシステムの導入でも業務効率の改善は見られましたが、RPAは人の業務をそのまま取って代わる仕組みであることから、より明確に効果が現れる点が大きな違いとなります。

■人手不足の解消

現状、企業は人手不足が深刻になりつつあります。

これは人口の減少問題に加え、高齢化が進みつつあることから、そもそも生産労働人口が大幅に減少し始めていることに起因しています。

したがって、各企業とも雇用を拡大することで人手不足を解消するというのは、現実的な対応ではない、といえるのです。

こうした問題もRPAの導入で大きく改善することができます。

多くの人材が定型化されたルーティーン業務にとられていた状況を、RPAが一気に取って代わることにより、人にしかできない繁忙な業務に人材をシフトすることが可能になります。

組織全体としての人手不足解消にもRPAは大きく貢献することになるのです。

■組織をより高度な業務対応にシフトできる

煩雑な定型業務から多くの従業員が開放されることにより、組織内ではより人がやるべき高度な業務に多くの従業員をシフトさせることが可能になります。

これまで企業の中には、「単純なのに膨大な量を処理することでプレッシャーを感じても達成感を得られなかった」という従業員もいました。

ただ、こうしたRPAの導入による組織変更や人員シフトの変更により、これまでに得られなかったような満足感や達成感を得ることができるようになり、個々人の働き方改革にも大きく貢献することになるのです。

■IT領域の投資コストの改善

さらにRPAの導入は、これまでのIT領域の投資コストの大幅改善にもつながることになります。

従来からのERPなどの導入は、確かに「業務効率」や「情報共有レベル」を高めることに大きく貢献してきており、今やどの企業にも必要不可欠なものとなっていることは間違いありません。

しかしその導入に当たっては、初期段階で莫大なコストと時間をかけてきたのが実情です。

結果、「確実な結果を出す投資」とはいえない部分が多く残されてきたのもまた事実なのです。

RPAの導入はこうした従来からのIT投資のような莫大な資金を必要とするものではなく、必要に応じて徐々に導入することが可能となります。

結果、確実な改善効果を確認しながら継続して導入することができる点が大きな違いとなっているのです。

個別の業務用にいちいちソフトウエア開発を行う必要がない、ノンプログラミングモデルとなっている点も非常に導入しやすいポイントでしょう。

RPAを導入すれば、このように定型化された業務の効率を飛躍的に改善させることが可能になり、しかもその効果はかなり短期的に可視化させることができます。

企業内での人手不足や労働問題で頭を悩まされてきた会社が、積極的に導入を検討しはじめようとしているのも、こうした効果が発揮されるからなのです。

ロボットの導入というと生産現場では当たり前のものになってきていますが、もはやホワイトカラーの領域でもソフトウエアベースのRPAというロボットが本格的に活躍する時代が到来しようとしているのです。

RPAはバックオフィス改革の強い見方となろうとしています。

関連記事

  1. 失敗したくない人のためのOCRソフト比較ポイント

  2. RPAの得意分野「データ収集と分析」の自動化で改善できること

  3. 導入時に考えること・やるべきことは何?ビッグデータとRPAの企業活用

  4. RPA導入に適した業務は人による判断が必要ない業務

  5. 業務効率化を進めるならRPAが向いている3つの理由

  6. 各業界で注目される一番のRPA活用は「膨大な事務手続き」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメの記事