RPA導入に適した業務は人による判断が必要ない業務

RPA(Robotic Process Automation)という名を聞くと「ロボットを導入するのか」と驚かれる方も多いと思います。

しかし、ここで言われるロボットは、いわゆるデジタルレイバーや仮想知的労働者などとも呼ばれるもので、ロボットの格好をしているものではありません。

ここでは、RPA導入に適している業務はいったいどんなものなのかについてご紹介していきます!

■RPAはプログラムのロボット

「RPA」には確かに「ロボット」という言葉が使われていますが、実際にはプログラミングされたソフトウエアのことを指しています。

事前に、人間が行う業務の処理手順を登録しておくことにより、ソフトウエアのみならず、ブラウザやクラウドなどさまざまなアプリケーションを横断して、RPAが人に代わって処理をしてくれるのです。

製造業における生産ラインに多く配備されたロボットと同じように、ホワイトカラーの業務領域で人に代わって業務に対応する技術として今注目を浴びている存在なのです。

これまでのホワイトカラービジネスの領域におけるIT化は、コンピュータが処理しやすいようにビジネスプロセスを変更し、きめ細かい要件定義をして実装するという時間的にも費用的にも大きな作業を伴いました。

しかしRPAは、人が行うプロセスを完全にそのままトレースして行うことができるという点が非常に大きな特徴であり、既存のIT開発とは異なる部分でもあります。

■人が行う定型化業務であればRPAがほとんど代行可能

ホワイトカラーの受け持つ業務の多くは定型化されたものが多く、特別にその都度判断が必要ないものが多いことがわかっています。

とくにバックオフィスと呼ばれる管理部門では、こうした業務を日々繰り返している従業員が多く、その生産性を高めることにどこの企業でも非常に苦慮しているのが実情です。

RPAはこうしたホワイトカラー領域にロボットを導入することで、生産性を一気に上昇させ、人が受け持っていた業務を軽減させることができるため、注目が集まっています。

大きくプロセスを変えることなくRPAがそのまま人の代行を行ってくれるという点が導入しやすいポイントになっており、多くの企業が人手不足と既存の従業員の慢性的な残業を解消するためにこのソリューションの導入を真剣に考え始めているのです。

■人がやっていたプロセスのとおりにRPAが行ってくれるのがポイント

RPAは、とにかく人がやってきたプロセスをそのまま生かしてRPAが肩代わりしてくれるのが最大のポイントで、まさに人手不足を解消してくれる心強い仕組みとなっています。

RPAに適した業務は、人の判断が必要ではなく、大量にこなさなくてはならない単純な定型業務ということになりますが、ホワイトカラーのバックオフィス業務にはこうしたものが非常に多く存在することから、リプレイスメントの対象となるものは多数存在しているのです。

まずRPAなら、一度導入したら、「退職することがない」ので安心して利用できます。

夜も昼も休みもなく働き続けることから、最近とくに大きな問題となっている残業に関してもまったく心配することなく利用することが可能です。

さらに業務変化に強く、人と違って同じ間違いは繰り返さないので、飛躍的に生産性を上げられるのが特徴です。

人手不足の場合には、これまでアウトソーシングという形態で業務の定型化部分を外部委託することも考えられてきましたが、コストは意外に高く、それに見合う品質やサービスレベルを得るのに非常に苦労することが問題となってきました。

とくに日本語環境でアウトソースができるオフショアの国は決まっており、社内で行う品質をアウトソースに求めるのには非常に難しい問題が伴ったことは事実です。

RPAならば社内で行っていた品質を保ちながら、業務に必要な時間を大幅に削減し、しかも稼動時間を通常の人の勤務時間よりも大幅に拡大することにより、あきらかに生産性を高めることができるので、いまやアウトソースよりも有効な手段として認識されはじめているのです。

■人の仕事はより高度な判断を必要とする領域にシフト

近年、多くの会社で働き方改革を一体どうやって現実のものにするかが大きな議論の対象になってきています。

ホワイトカラーの多くの業務となっている定型化された単純なオペレーションをロボットに委託することにより、人はより高度で人としての高い判断を必要とする領域にシフトすることができるようになります。

そのため、やりがいなどにも大きな影響を与えることになり、企業としての働き方を大きく変化させるものとなるのです。

■オフィスワーカーの単純作業はRPAの導入で激減する

バックオフィスに勤めるオフィスワーカーは毎日単純作業に追われていますが、そのボリュームは極めて多く、しかも一定時間内に毎日終わらせなくてはならないので想像以上にプレッシャーのかかる業務に直面しています。

しかしRPAがこうした厳しい業務を肩代わりしてくれることで単純作業は激減し、より人としての能力を生かせる業務に従事することができれば、コストの削減とともに本質的な労働生産性を高めることが可能になります。

いま、人の企業での働き方が大きく変化してきています。

今後のRPAには、人間と共存し、業務を分担することによって売り上げに寄与する働きが期待されているのです。

関連記事

  1. コールセンターでRPAを実装したときの風景とは

  2. RPAは勝手に不正を行うリスクを減らすことが可能

  3. 失敗したくない人のためのOCRソフト比較ポイント

  4. RPAによってホワイトカラーが定型業務から解放される時代に!

  5. RPAの得意分野「定型作業の処理」の自動化で改善できること

  6. RPAの得意分野「データ収集と分析」の自動化で改善できること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメの記事