RPAの考え方は「システム」が作業を行い「人間」はチェックするだけ

RPA(Robotic Process Automation)には、ロボットという名称が使われていますが、実際にはソフトウエアのプログラムが人の代わりに業務プロセスの自動化をしてくれるシステムのことを指します。

海外では、デジタルレイバーなどとも呼ばれていますが、新たに業務プロセスを改定しなくても、人が行っていた部分をそのまま移管して自動化できる点が大きな魅力です。

これまで人が経験値を利用して行ってきた定型業務を完全にRPAに任せることができることから、これまでのITにはない飛躍的な生産性を実現することができます。

これが最大のメリットであり、導入を真剣に考える企業が多くなってきているのです。

■RPAは通常のITシステムとは異なるもの

このRPAに利用されているのが「認知技術」と呼ばれるものです。

人の認知機能と同じようにどのようなプロセスでなにをしたらいいのかを理解することで、これまで人を介して行ってきた複数のアプリケーションを連携した操作や、表示去れた内容を確認して入力する作業など、「単純だが、人がやらなければできなかったこと」を完全にソフトウエアロボットが代行してくれるようになるのです。

ITのシステム開発では、ITがプロセスをこなせるように業務要件を決め、それをどう動かすかのプログラムを考えるという部分に、かなりの時間とコストがかかっていました。

しかし、RPAではそうしたアプリケーションの変更や新規開発には手をつけず、あくまで人が行うオペレーションをそのまま同じように自動で実施してくれる点が大きな違いとなっているのです。

■完全に人が行うプロセスをそのままトレースできるのが魅力

RPAは大きなシステム開発をしなくても人が行うプロセスをしっかりトレースして行うことができます。

結果、導入がしやすく、さまざまな部門、部署にて利用できる可能性が広がっています。RPAは、主に定型業務を得意としていますが、ワークフローがあらかじめ決まっています。

手順書に基づいて処理されるような事務作業についても対応が可能で、人がやるとミスが起こりやすいような内容についても休みなく行ってくれることから、繁忙期の残業問題も一気に解決させることができる点にも注目が集まっているのです。

特に、人とは違って24時間、週7日休みなく働くことができるため、これまでは期日までになんとか人海戦術でこなしてきた業務についても、すべてRPAに任せれば解決することになるのです。

■人が行うのはチェックのプロセスのみに限定可能

RPAを導入してしまえば、その後の業務はすべてRPAにお任せということになり、人が関わるのはあくまでその業務をチェックすることだけに集約されることになります。

一旦プログラム化された内容はその業務プロセスに変更がない限り、間違いはおきません。

チェック業務も非常に簡便なものになることから、事務業務についての大幅人員削減により、より付加価値の高い業務に従業員を投入することができるようになります。

■飛躍的な労働生産性を実現

これまでホワイトカラーの生産性向上にあたってはコンピュータを利用したり、ITアプリケーションソフトを開発して業務プロセスに対応させたりするといった改革は行われてきました。

しかし、人間が入力したり作業をしたりするという手間を完全に実現する労働生産性の向上策はほとんど実現してこなかったのが実情でした。

またBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)を利用して外部に業務委託をするというのも欧米の企業では定着したものの、国内ではオフショアを利用してコストダウンをはかることができなかったことからほとんど利用されてこなかったのが現実です。

したがってRPAの利用は国内企業の事務職の業務効率を向上させるためにはまさに他にはないソリューションとなってきており、真剣に導入を考える企業がこれからは飛躍的に増加しそうな状況となってきているのです。

■残業問題の解消や働き方改革の実現が可能に

国内企業ではすでに人口減少と少子高齢化が具体的に労働市場に大きな影響を与えるようになってきており、人手不足を雇用の増大で解決することはきわめて難しくなってきています。

それだけに既存の従業員の労働力をいかに効率的に利用できるように社内を適正化するかが大きな課題にもなってきているのです。

とくに昨今問題になっている残業に関しては、期日までにどうしても作業を終えなくてはならないことから有効な解決手段がないことからなかなか根本的な改善を行うことができずいるのが現状です。

しかし、多くの企業のバックオフィスにおける定型業務がRPAシステムの実装により大幅に改善し、省力化が実現すれば、企業全体としての働き方改革を本格的に考えることができるようになり、大きな進歩をもたらしてくれるようになるのです。

そういう意味では、RPAは単に業務の自動化を実現するシステムというだけではなく、企業内の労働力の効率的利用を根本から考え直すという大きな意味をもった考え方であることがわかります。

関連記事

  1. RPAに実行させる作業を設定するときの流れ

  2. RPAの魅力は24時間365日働きモチベーション管理が必要ない

  3. RPAと相性が良い金融業界での活用方法

  4. 価値の高い仕事を増やす!RPAで単純作業を減らす取り組み

  5. 総務、人事、経理などの間接部門の生産性を向上させるRPAの活用方法

  6. RPAでルーチン業務を改善すれば残業を減らすことができる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメの記事