RPAは勝手に不正を行うリスクを減らすことが可能

RPAは人が行う定型作業を完全に自動化して肩代わりしてくれる仕組みとして、
■労働生産性の向上
■人出不足の解消
■残業の克服
■働き方改革に大きく貢献

という点で非常に重要なソリューションとなり始めています。

しかしこの内容を精査してみますと、効率重視だけでなく不正を行うリスクを減らすことを可能にする重要なソリューションとして機能することも認識されているのです。

今回はそういった“リスクを減らす”という視点からRPAをご説明してくことにします。

■個人情報を取り扱うビジネスプロセスでは絶対的安全性を確立

バックオフィス等で企業が扱うデータというものは個人の関連したものも多く、いかにセキュリティを維持するかは大きな課題にもなっています。

外部からの侵入やサーバー攻撃でデータが盗まれるというリスクも高まっていますが、実は企業の中で働く従業員や派遣社員などに起因して重要データが外部に流出するケースも多く、件数的なものや規模の大きなものに関していいますと、内部の者が勝手に不正を行うリスクがかなり高くなっているのが実情です。

これをどう減らすかは、業務としての効率性を高めること以上に重要な問題になってきているといえます。

RPAは人の手を介さずにあらゆる業務プロセスを行っていくことができるソリューションだけに、絶対的なリスク管理を実現することが可能になるのです。

社内の人間を疑うということはしたくはないことですが、現実の問題としてそうした部分から不正が発生していることもまた事実であり、不正を働けないような仕組みを導入することが極めて重要になってきているのです。

■作業プロセスをすべて証拠として残すことができるのは秀逸

RPAの場合、複数にまたがる業務システムを利用した中継、入力といった作業においてこれまで明確な作業の証拠が残せなかったようなプロセスであっても、RPA自身にしっかりとしたトラッキングの証拠が残るようになりますので、明確に業務の内容を証明して行くことができるようになるのです。

仮になにか問題が起きたときにも、どこにリスクがあるのかをより明確にすることができ、リスク管理上でも非常にレベルの高い業務を構築することができるようになるのです。

とくに金融機関における顧客情報の入力管理やリテール等での顧客の購買情報など、漏れては絶対にいけないようなデータの扱いについては、RPAを全面導入することにより不正リスクを完全にシャットアウトすることが可能になるのです。

これはRPAとしては非常に目立たないベネフィットと考えられがちですが、実は業界によってはこのメリットのほうを大きく重視して導入を検討するケースも増え始めているのです。

■人がかかわらないからこそ高く維持できるセキュリティレベル

社会的にも重要になる顧客の個人情報や取引データなどは、残念ながら人が介在するとかならず不正が起きて外部に持ち出されるなどの問題が起きることになります。

これはどれだけ管理を厳しくしても常に起きることで、どれだけセキュリティレベルを高めても必ず起きてしまう問題となります。

しかしこのプロセスに一切人が関与せず、チェック機能だけを責任者が担当するようになれば、業務に伴うリスクは格段に小さなものになります。

これがRPAの導入では現実のものになるのです。

したがって常にこのリスクに直面しながら業務を進めているような業態では、RPAの導入は生産性向上のみならず業務リスクを著しく低減させる重要なソリューションとなることをしっかり理解しておく必要があります。

個人情報を扱う業態でRPAの導入を積極的に検討しはじめる動きがでているのは、実はこうしたことが大きな理由になってきているからなのです。

■企業としてのガバナンスを高める意味でもRPAの導入は重要な要素

RPAは複数の業務システムをまたいで、人が行ってきた入力や確認業務といったものも自動的に行うことで、しっかりとした証拠を残すことができることから、内部監査などにも大きな効力を発揮することができるようになります。

これまで人に依存していたことからリスクの発生場所が特定できなかったような業務でも、RPAに置き換えることによりすべてがクリアなものになる点は非常に秀逸といえます。

特に金融機関のように監督官庁からも厳しく指導を受けているような業態の場合には、RPAの導入は単なる生産性向上のみならず、リスクマネジメント上の向上も実現できる非常に重要なソリューションであることが理解できます。

したがって、RPAの導入にあたっては企業としてのコンプライアンスへの適用や、セキュリティリスクマネジメントの視点など、複数の課題からその導入のメリットをしっかりと把握し、全社的に利用度の高いものにしていくことが重要になるといえるのです。

RPAは特定の部署における生産性向上や、人手不足解消のツールにはとどまらない大きな効果を発揮するものとなってきているのです。

関連記事

  1. 人間よりも期待できるRPAの作業の正確性

  2. RPAの得意分野「定型作業の処理」の自動化で改善できること

  3. IT企業の予算投資意欲が高いIoT・RPA分野の注目度

  4. RPAで実現する会計処理や給与計算などの業務の大幅な効率化

  5. 業務効率化にRPAが向いている3つの理由

  6. RPA導入により事業拡大に直結する業務にコストをかけることが可能

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメの記事